自律神経失調を整えるクラニオセイクラル、東京大阪奈良にあるサロン気楽

東京世田谷・大阪・奈良郡山のご予約が可能です
Tel.0743-54-5417 サロン気楽メールフォーム
25年以上クラニオセイクラルで
自律神経を整える実績を積んでいます
自律神経失調にクラニオセイクラル

「心に少し余裕ができました…」と言ってもらえることがうれしいです。

クラニオセイクラル整体とスクールの東京、大阪、奈良のサロン氣楽です

クラニオトップ

 当院が最も大切にしていることは「真(芯)のゆるみ」です。

 心や体の不調のほとんどはストレスという「慢性緊張状態」にさらされ「穏やかさ」や「やすらぎ」が記憶から抹消されてしまっている状態ではないかと私は思っています。

 施術現場で25年近く培ってきたノウハウをフルに活用した当院のセッションで体験いただく「真(芯)のゆるみ」は症状緩和だけでなくクライアントさまの健康でよりよい生き方をサポートできるようにと日々進化しつつ、またみなさまに寄り添っていきたいと思っております。

今月のごあいさつGreeting

森田です。

今年の2月は暖冬で暖かい日が続きましたね。各地で梅も咲きだしたようです。

先日、昨年から始めた四国88か所巡業、いわゆるお遍路さんをしてきました。

自分の場合はクルマかバイクになりますけど・・・まだまだ歩き遍路はムリです(^^)

そして、いつも思うのですが、どうして社寺、城はお山の高いところにわざわざ大変な思いをして建てるのだろうか?と。

神社は山自体が神様なのでなんとなくわかるのですが。

お城は時の支配者が諸国、庶民を見下ろすために、また攻め入られないためにお山の上に建てるのは、これもわかるのですが、お寺は人々の心の拠り所を、わざと参拝しずらい場所に建てるのか?考えてみました。

1、修行は人里離れたところでするから。

2、災害時に回避できる立地だから。

3、庶民を見守るという意味で。

4、わざわざ登ることでありがたみがわくから。

で、本当の意味はどうでもよくて、自分としては実際に思った4番の「ありがたみがわく」ですね。

町の中にあるお寺はなぜかイマイチ物足りなさを感じ、山を上がってフウフウ言いながら本殿にたどり着くと「やっと来たなぁ」と思ってしまいます。

心の拠り所にするならば、ありがたみを感じることで充実するのでそれでよいかな。

何が言いたいかと言うと、自分なりの納得があれば、本当の意味なんてどうでもよくて、幸せを感じれるよね・・・・ってことですかね。

でも御朱印書いてくれる人が無愛想だとちょっと嫌かな(^^)

新着情報News

2019.2:メールマガジンを発行しました。

2019.2:「クラニオセイクラルスクール修了生の感想」更新しました。

初回セッション全額返金保障Refund Guarantee

 当院は、初回セッション全額返金保障させていただきます。

 より身近にセッションを体験いただけるように、という思いからセッションをお受け頂いて満足頂けなかった場合、一週間以内にご連絡いただきましたら、初回の料金は全額御返金させていただきます。

クラニオセイクラルイメージ
ページトップへ戻る
Copyright(C) サロン氣楽 All Rights Reserved.